ハイブリッドカーを乗りこなすには

区切り線

ハイブリットカーのしくみ

そもそも「ハイブリッド」は日本語で 「二つ以上の異質物を混合する」「組み合わせる」という意味です。
つまりハイブリッドカーとは、複数の動力源を組み合わせて、 状況に応じて動力源を同時にまたは個々に作動させて走行する自動車のことなのです。
ハイブリッドカーは「ガソリンエンジンと電気モーター」や、「ガソリンタンクとバッテリー」といった、 2種類の異なる動力源を搭載しており、それぞれ異なる役割を果たすことで、
走行に必要なエネルギーを効率よく使うなど、優れた燃費性能を実現できるのです。
ハイブリッドカーの内部
ハイブリッドカーには現在さまざまな種類があり、
車種によってエンジンとモーターの関係が少しずつ異なります。
発進時にモーターがエンジンのサポートを行う「パラレル方式」
発進時や低速度走行時にはモーターを使用し、速度が上がると
エンジンとモーターが効率よく分担稼動する「シリーズ・パラレル方式」
エンジンを発電機の動力としてのみ使用し、
走行はすべてモーターで行う「シリーズ方式」などがあります。
しくみによって、燃費や走行時のくせ、音などが少しずつ異なってきますので、
もっとも自分に合った車を選ぶことが大切です。
ハイブリッドカーの仕組みの1つに「回生ブレーキ」があります。
動いている車は、ブレーキを踏むことで摩擦を生じさせて静止します。
つまり今までの車は、せっかく作り出した運動エネルギーを
摩擦によってゼロにすることで静止していたのです。
ハイブリッドカーが採用した回生ブレーキでは
走行に使うモーターを発電機として利用し、
作り出した運動エネルギーをもう一度電気エネルギーに変換して
蓄電することで再利用可能にしているのです。
区切り線

ハイブリッドカーはここがちがう

1番目

みんなにやさしい低燃費

低燃費

ハイブリッドカーは、これまでの車と比べて燃費の良さが魅力です。
エンジンとモーター、ガソリンと電気を効率よく使うことで、
従来の車と比べて消費するガソリンの量を減らすことができたのです。
ハイブリッドカーは高いですが、ガソリンの給油回数が大きく減ることになるため、
自身にあった燃費のハイブリッドカーに乗ることで、地球にもおサイフにも優しいのです。

2番目

静かな走行音

ハイブリッドカーなどの低速時にモーターだけで走行する車は、
従来の車と比べて走行音がとても静かです。
これは、エンジンの駆動音よりもモーターのほうが
振動も小さく騒音を生み出さない特性があるためです。
しかし最近では、走行音が小さすぎて歩行者が車に気づきにくい
などの危険性が意識されていることから、
走行音の小さなハイブリッドカーにはエンジン音に似た音を出す
装置の設置が義務になるなど、対策が行われています。

走行音が静かなハイブリットカー
3番目

なめらかな加速

ハイブリッドカーの加速について

ハイブリッドカーはモーターを使って動くから、
加速時の動きが静かとかなんとか。
だから体の小さな赤ちゃんや、体に力の入りにくいお年寄りにも
やさしい運転が可能なのです。

ハイブリッドカーはここがちがう、ここまで
区切り線

お問い合わせ先:各車検センターへ

区切り線