あなたにピッタリな車検を診断

オンラインクリニック 最近エンジンがかかりにくい エンジン音が高い なんとなくパワーが落ちた? ハンドルをまわすと音がする ブレーキ音がおかしい エアコンの効きが悪い 月間2,000km以上走行する

最近エンジンがかかりにくい

原因バッテリーの電気容量が不足している

バッテリーの電気容量が不足している

ベルトのゆるみ、又は消耗のために発電量不足を伴うときがあります。ダイナモ(発電機)にかかわらず電気系統は大変水に弱く車検の時エンジン洗車をすると中に水分が浸透し、故障の原因になるときがあります。また、ダイナモに関連したレギューレータ(電圧電流を自動調整装置)が故障し発電効果が得られない場合もあります。走行中でもダイナモ(発電機)が故障して充電しない時があります、これを点検せずにバッテリー不良と新品交換される場合がありますので注意してください。

処方箋バッテリーを交換する

充電状態をバッテリーアナライザー(充電状態を点検するテスター)で点検してからでないと無闇にバッテリー 交換されると、「バッテリーを新品に交換したのにまたエンジンが始動しない」といった結果が多分にありますので注意 して下さい。

上記の結果充電状態が悪い時は、ベルトのゆるみ、ターミナルの腐食、バッテリー液不足、を点検した結果異状が なければ充電系統の故障があります。又充電状態が正常ならおそらくバッテリー不良ですので新品交換になります。 (通常バッテリー寿命は平均で約4年)

バッテリーの電気容量が不足している バッテリーの電気容量が不足している

原因点火プラグが磨耗している

点火プラグには、通常の点火プラグと白金プラグとイリジュウムプラグがあります。車両ごとに違うため車検時に確認されることをお勧めします。点火プラグがさらに磨耗するとエンジン始動のための点火ができなくなります。

処方箋点火プラグを交換する

バッテリーの電気容量が不足している

通常の点火プラグは走行距離約40,000kmごとに交換をお勧めします。白金プラグは100,000kmまで一般的に使用可能となっています。

チャレンジ・グループでは、点検及び分解後、摩耗・損傷等で車検基準に合わない時、お見積の上お客様の立ち会いで修理・交換等のご相談いたします。整備作業は内容をご納得いただいてから実施いたします!

ブレーキ音がおかしい

原因ディスクブレーキの不良

ブレーキパットには、大きく分けてソフト、ハードの2種類あります。柔らかいものを使用すると ブレーキは良く効きますが早く減ります、逆に硬質なものを使用すると効きが悪くなるのと ブレーキ音が出るときがあります。普通は、標準的に適合するものを使用しますが、状況に応じて選んでください。又は整備工場に相談して下さい。

処方箋ディスクブレーキの整備、交換を行う

ブレーキ音がおかしい

ブレーキパットには、大きく分けてソフト、ハードの2種類ありますので、状況に応じて選んで下さい。チャレンジグループでは、確かな技術を持ち合わせた整備士がご相談に応じます。

原因ディスクブレーキシリンダ、ホィールシリンダオイル漏れなどの不良

キャリパーシリンダ内は、シリンダー、ピストン、カップゴムがあり通常は油圧により2個のピストンが 開くようになっています。シリンダー内のブレーキオイルは少しでも漏れがあると危険です。また、シリンダーとピストンが錆、ホコリによる固着があります。

処方箋ディスクブレーキシリンダ、ホィールシリンダの整備、交換

ブレーキ関係は、命を守るための大事な装置ですから車検時には、特に重要視されることをお勧めします。

ブレーキ音がおかしい ブレーキ音がおかしい

原因ブレーキオイルの極端な漏れ、 ペタル踏抜け

処方箋ブレーキオイルの整備、交換

ブレーキ音がおかしい

ブレーキオイル交換を長くしないときにはブレーキオイルの中に水分が入り錆の原因になります。 ピストンが固着するとブレーキの効きが悪く、片効きの場合急ブレーキの時に車がスピンすることが あり大変危険です。毎回、車検時に点検整備と交換をお勧めします。 ブレーキペタルを、力いっぱい踏んでも床板につかないのが通常ですが、床板につく状態を 踏み抜けといいます。踏み抜けがある場合は直ちに整備工場に連絡して下さい。 このまま運転するとブレーキがまったく効かなくなり、大変危険な状態です。 踏み抜け状態は、どこかでブレーキオイルの漏れがあります。又は、ブレーキオイルの中に空気が混入している状態です。 マスターシリンダー、キャリパー又はホイルシリンダー、ブレーキホース、ブレーキパイプの 油漏れの点検修理が必要です。

ブレーキ音がおかしい ブレーキ音がおかしい

ハンドルをまわすと音がする

原因パワステオイルが不足している

ハンドルを左右に回すと異音が出る場合は、パワーステアリングポンプのオイル不足が大半の ケースとなります。ときとして、パワーステベルトの滑り及び損傷の場合がありますので、点検整備をお勧めします。

処方箋パワステオイルを補充、交換する

ハンドルをまわすと音がする

パワステオイルは規定容量が少ないので高級オイルを使用してください。 停止中にハンドルを左右に回転させて、遊び(連結感ない状態がハンドルの外周で約5mm)以内が正常値です。それ以上あると、ハンドル連結している部品不良がありハンドル操作が不安定になります。

原因タイヤに異常磨耗がある

タイヤに異状摩耗がある場合はタイロットエンドの摩耗による遊び、フロントハブベアリングの緩み、タイヤーホィールの歪み、タイヤーの遍摩耗タイヤーバランスの狂い等があります。

処方箋タイヤ、ホィールの整備、交換を行う

この症状には、ローリング(横揺れ)、ピッチング(縦揺れ)がありますがこれ等の症状が感じられる場合は、高速道路等の走行は非常に危険ですので、すぐに整備を行ってください。

ハンドルをまわすと音がする ハンドルをまわすと音がする ハンドルをまわすと音がする

チャレンジ・グループでは、点検及び分解後、摩耗・損傷等で車検基準に合わない時、お見積の上お客様の立ち会いで修理・交換等のご相談いたします。整備作業は内容をご納得いただいてから実施いたします!

なんとなくパワーが落ちた

原因エンジン整備不良によるトラブル

エンジン故障は実車を診断してみないとはっきりわかりませんが、パワーがでない、燃費が悪いと相乗悪化現象になります、点火プラグ、プラグコードの電気関係と燃料系統による エンジンが直接不良の場合がありますが、その他、動力伝達系統のクラッチが悪い場合もあります。

処方箋エンジン整備を行う

経験豊富なチャレンジグループの整備士に、あなたの愛車のエンジン整備をお任せください。

エンジン音が高い エンジン音が高い

原因オートマチックの走りが悪い

オートマチックの走りが悪い

オートマチックミッションはオートマチックオイル(フリュード)により動力伝達する装置です。 次の現象による故障があります。

  • オイル漏れによるオイル不足
    (オイルポンプ油圧不足によるクラッチの滑り)
  • オイル劣化による稀少粘度
    (オイルポンプ油圧不足によるクラッチの滑り)
  • オイル不交換による高粘度、フィルター目詰まり
    (オイル循環不良による油圧不足でクラッチの滑り )

このような原因によって、クラッチの滑りのために動力伝達不良を起こし、多燃費のわりに走りが悪くなります。(クラッチが滑るとクラツチディスクが摩耗し交換修理しかありません)

処方箋オートマチックミッションの整備・交換をする

オートマチックの走りが悪い

オートマチックミッションのクラッチが滑る場合は、普通分解修理又はリビルトミッション(再生品)の 交換等がありますが高額な費用がかかります。
 が、 チャレンジグループでは通常の3分の1ぐらいで修復できる、確かな技術を持っておりますので お気軽にご相談ください。 また、エンジンオイルを高級なオイルを使用することにより燃費、馬力アップの方法もあります。 オートーマチックオイルは早めの交換で故障の発生を防ぎ、走りや燃費が 改善され快適なドライブができます。また経済的にもお得になります。

※注意:オートマチックミッションのクラッチ又はギアー等、重大な故障の場合は、上記内容通りできないときもあります。

原因タイヤ圧の不足

オートマチックの走りが悪い

一般的にタイヤの空気圧が燃費を悪くしている現状を知らない人がいます。 タイヤ圧が少ないと路面抵抗が多くなり燃費、馬力を悪くします。それにタイヤの変摩耗を発生させ、経済的にロスが発生します。

処方箋タイヤーのエアー調整補充

オートマチックの走りが悪い

タイヤーのエアー圧は安全走行に欠かせない重要な要素です。 運転席側のドアーを開けた状態で見えるドアーロック部分下にタイヤー圧力基準が表示されています。 できれば表示圧力より少し高めに調整して下さい。

チャレンジ・グループでは、点検及び分解後、摩耗・損傷等で車検基準に合わない時、お見積の上お客様の立ち会いで修理・交換等のご相談いたします。整備作業は内容をご納得いただいてから実施いたします!

エアコンの効きが悪い

原因冷媒ガスの充填不足

エアコンの効きが悪い

エアコンが何となく効きが悪い、特に冷房の方が悪い時は、冷媒ガスの不足による現象と 考えられます。通常、冷媒ガスは減らないのが普通で減る場合はガス漏れです。 少しの漏れなら補充するとしばらくは持ちますが、毎年充填する場合はコンプレッサー、 ホース、コンデンサー、パイプ等からのガス漏れの疑いがあります。

処方箋冷媒ガスの充填

冷媒ガスを充填しても頻繁に漏れがある場合は、整備工場に相談してください。 ガス漏れを放置しておくこと、大変高額な費用がかかりますが完全に点検修理した方が 良いでしょう。ガス漏れ状態で空回りさせるとまだ痛んでいない部品まで壊れることがあります。

原因クーラーベルトのゆるみ、損傷

エアコンの効きが悪い

クーラーベルトの張り調整のゆるみ、又はベルトの損傷によりコンプレッサープーリの滑り等による 場合もあります。早めに修理をおすすめします。 完全に効かない場合は、フアンモーター、エキスパンションバルブ、リキットタンク、等が悪い疑いが あります。早めに点検修理される方が結果的にお得です。

処方箋クーラーベルトの整備

疑いのある箇所について、整備、交換などを早めに行ってください。 エアコンが悪く修理費用がかさんでしまうので廃車をしたい場合は自動車リサイクル料金の支払いが必要となります。(平成17年1月1日より自動車 リサイクル法が施行されました。)詳細は、会員工場へお問合せ下さい。

チャレンジ・グループでは、点検及び分解後、摩耗・損傷等で車検基準に合わない時、お見積の上お客様の立ち会いで修理・交換等のご相談いたします。整備作業は内容をご納得いただいてから実施いたします!

エンジン音が高い

原因エンジンオイルが劣化している

エンジン音が高い

エンジン整備が大事ですがエンジンオイルを良質なものに交換することにより メカノイズ(エンジンの機械的な音)が静かになりまた燃費が非常に良くなります。 通常エンジンオイルの交換時期は3,000Km~5,000Km 毎、又は6ケ月毎に。 エンジンオイルはエンジンが、高速回転になるほどオイルの温度が上がります。 そして温度が高いほどエンジンオイル劣化を早めます。特に高速道路において過酷な状態で長時間走行した場合は、通常寿命の 半分ぐらいになります。

処方箋エンジンオイルを交換する

高級なオイルを使用すると耐熱、潤滑度が増し寿命も長くなります。したがって エンジン寿命を延ばすことになります。

エンジン音が高い エンジン音が高い

原因エンジンの整備不良の疑い

エンジンオイルの交換を行っても、エンジン音が高い場合などは、エンジンの点検整備をお勧めします。

処方箋エンジンの整備を行う

確かな整備士が在籍する、チャレンジグループ車検整備工場にご相談ください。

チャレンジ・グループでは、点検及び分解後、摩耗・損傷等で車検基準に合わない時、お見積の上お客様の立ち会いで修理・交換等のご相談いたします。整備作業は内容をご納得いただいてから実施いたします!

月間2,000km以上走行する

原因タイヤの交換について

月間2,000km以上走行する

一般的な走行距離による交換時期 タイヤの種類、サイズにより多少変化がありますが、小型乗用車を基準としますと駆動輪に装着しているタイヤの方が早く摩耗します。ドライバーの運転状態により(急加速、ブレーキ)を頻繁にかけられる場合は、30,000km~35,000kmが目安です。 4輪とスペアを平均に摩耗さすためにスペアを含めてローテンションをします。普通状態の運転の場合は40,000km位で交換になります。尚、軽自動車の場合は走行20000km以下の時もあります。走行用タイヤとスペアが違う場合はローテーションにスペアは含みません。

処方箋オイル交換について
(エンジンオイル、ATF)

月間2,000km以上走行する

エンジンオイルの交換
通常エンジンオイルの交換時期は3,000Km~5,000Km 毎、又は6ケ月毎に交換をお奨めします。 エンジンオイルはエンジンが、高速回転になるほどオイルの温度が上がります。 そして温度が高いほど寿命やエンジンオイル劣化防止によるエンジン故障 防止が短くなり、特に高速道路で過酷な状態で長時間走る場合は、通常寿命の 半分ぐらいになります。

ATFの交換
オートマッチックミッションオイルは一般的に走行25,000km~30,000kmです。 走行が上記に達しなくとも、オイルの劣化が有りますので2年毎に交換すると良いでしょう。

月間2,000km以上走行する 月間2,000km以上走行する 月間2,000km以上走行する

処方箋ブレーキパッド交換について

ブレーキパットには、大きく分けてソフト、ハードの2種類あります。柔らかいものを使用すると ブレーキは良く効きますが早く減ります、逆に硬質なものを使用すると効きが悪くなるのと ブレーキ音が出るときがあります。普通は、標準的に適合するものを使用しますが、状況に応じて選んで下さい。又は整備工場に相談して下さい。

月間2,000km以上走行する 月間2,000km以上走行する 月間2,000km以上走行する

チャレンジ・グループでは、点検及び分解後、摩耗・損傷等で車検基準に合わない時、お見積の上お客様の立ち会いで修理・交換等のご相談いたします。整備作業は内容をご納得いただいてから実施いたします!